libswiftCore.dylibクラッシュを回避

Swift

実機インストール時に落ちる

最近やたら、iPhoneアプリを実機にインストールする際に落ちるなと感じていて、そこで起きていたエラーがlibswiftCore.dylibのエラーだったのですが、その際に自分が対応した方法をメモっておきたいと思います。
そして、自分の場合、何が原因だったのかも書き記しておきたいと思います。

以下、自分が行った対処。

  1. 実機のアプリを削除して実行 ⇛ これでも駄目
  2. XcodeのWindow→Projects→Derived Dataを削除して実行 ⇛ これでも駄目
  3. XcodeのPreferences→Accounts→Apple IDsのTeam Name→Provisioning Profilesを右クリックしてフォルダ表示し、全Provisioning Profileを削除→再度Provisioning ProfilesからDownload Allして実行 ⇛ これでも駄目
  4. コンパイルする際に表示されるアラートで、証明書リセットしますかみたいなのが出てくるので、これを押して実行 ⇛ これで行けた!

④で無事行けたと思っていたのですが、実際はこの後も何度か同じ現象が起こりました。

それは、アプリをコンパイルする際に証明書が上手く設定されていない際に表示されるアラートで、リセットボタンを押してしまったことが原因だったのです。④の話ですね。

証明書の共有が上手くいっていなかった?

と言うのも、複数人で開発を行っていて、誰かにDevelopment用の証明書が上手く渡っていなかったようで、Resetボタンが押される度に、Apple DeveloperのCertificates内の証明書のExpireがどんどん更新されていて、新しくなっているようでした。

その後、Apple DeveloperのCertificates内の証明書をダウンロードし、皆で共有したところ、その後無事このエラーが出ることは無くなりました。
なかなかハマって大変な問題でした。。

ポイント

iOSの開発を複数人で行う際に、証明書の共有は1つのネックになってくるかと思います。iOS開発での証明書周りのベストプラクティスがあったら、教えて頂きたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です