Djangoで100m以内のデータを近距離順にソートする処理を爆速化

Python

ただPointFieldを使用するだけではスピードが出ない

現在、位置情報を使用したシステムを作っていて、そこで100m以内の情報を取ってくる+近距離順にソートする必要性があり、単純にデータ取得+ソートを掛けたところ、indexが効かなく非常に処理が遅かったので、その時の対処方法を残しておきたいと思います。

PointFieldにgeographyオプションを使う

DBはPostgreSQLを使っていることを前提にします。

point = models.PointField(geography=True, verbose_name=u'座標')

最初、何もオプションを設定していなかったのですが、geographyオプションを設定するようにしました。
また、あとからこのオプションを設定した場合、migrationが必要です。

distance_lteをやめてdwithinを使う

Model.objects.distance(point).filter(
  point__dwithin=(point, D(m=100))
).order_by('distance')

最初は、dwithinの変わりにdistance_lteを指定していたのですが、これだとindexが上手く効かず遅くなる原因になっていました。
dwithinは、PointFieldgeography=Trueが設定されていないと使用することが出来ません。

やったことはこれら2つで終わりです。
ですが、これら2つで、100倍近くスピードアップし、爆速化することが出来ました。

ポイント

PointFieldは、あくまで位置情報入れておく箱なので、設定や使い方をちゃんとしないとスピードは出ないのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です