Django1.7対応について

Python

バージョンアップで要修正

Django1.7が出たので、自分達の環境内だけのことだけですが、対応内容を書いておきたいと思います。

Southが使えなくなった

まず、Django1.7ではSouthが使えなくなったので、削除します。
もちろん、settingのSouthもです。

pip uninstall South

migrationファイルが必須に

代わりに、migrationファイルは、マストで必要になったようです。
各apps毎にmigrationファイルを作成しておきましょう。
元々Southを使っていた場合は、fakeを使った処理が必要のようです。

python manage.py makemigrations apps

Modelフォームでfieldsかexcludeが必須に

Modelフォームを使う際に、fieldsかexcludeが必要になりました。
大抵の場合は、fieldsで表示する項目を絞ったりすると思うんですが、全部表示したい場合にも、excludeを指定することが必要になりました。

class AudienceForm(ModelForm):
    class Meta:
        model = Audience
        exclude = []

HttpResponseのパラメータ変更

HttpResponseのパラメータが変わった。
今までは、HttpResponseのパラメータにmimetypeを送れたのですが、content_typeに変わりました。

return HttpResponse(
    content,
    content_type='image/jpeg'
)

最後に

自分達の環境だと、意外と傷が浅く、以上の修正だけで問題なく動くようになりました。
毎回バージョンが上がる度にヒヤヒヤです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です