PEAR Unserializerで配列が崩れる

プログラミング

unserializeにオプションを渡してあげる

普段、XMLのレスポンスで要素が複数ある場合は、自動でネストしてくれるのですが、1つの場合だと自身で定義しないとダメのようで、注意が必要です。

$option = array{
    'forceEnum' => array('name1','name2')
}

forceEnumにネストさせたいキーを入れることで、自分の好きな箇所を配列に出来ます。

最後に

これを使うことで、無理矢理配列に出来るのは意外と便利ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です