.htaccessでのphp.iniの設定

プログラミング

.htaccessへphp.iniの設定値の書き方

安いレンタルサーバなどを使っているとphp.iniの設定変更は出来ないことがほとんどなので、.htaccessでちょっとした設定をいじれるということを覚えておくと便利。

最近はインクルードパスを通したりすることが結構多いので、メモ。
書き方は以下のとおり。

# Smarty使ってるならSmartyのパスとか
php_value include_path ".:/usr/local/lib/php:/usr/local/lib/php/Smarty"

# エラー表示しないように
php_flag  display_errors Off

php_valueとphp_flagの違いは、あとに文字列が続くか論理値が続くかという違いです。

最後に

今回の例のように、php.iniの値をいじりたい時にも重宝していますが、.htaccessを上手く利用すると、リダイレクト処理やbasic認証などを簡単に入れることが出来て便利ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です