fastlaneを使用してApp Distributionを作成する

firebase

firebase_app_distributionにFIREBASE_TOKENが必要になりました

久しぶりにfastlaneをアップデート(ver2.166.0)したところ、FIREBASE_TOKENが必要になったようで、少しFastfileを書き換えました。

lane :beta do |values|
    firebase_app_distribution(
        app: "FIREBASE_APP_ID",
        testers: "[email protected],[email protected],",
        release_notes: changelog_from_git_commits,
        firebase_cli_path: `which firebase`
        firebase_cli_token: "FIREBASE_TOKEN"
    )
end

FIREBASE_TOKENは以下のコマンドで取得します。

firebase login:ci

もしFirebaseのCLIをインストールしていない場合は、以下のコマンドでインストールしましょう。

curl -sL https://firebase.tools | bash

CLIについて詳しくはこちらのドキュメントを参照してください。
https://firebase.google.com/docs/cli

これで問題無く、再度Firebaseにアップロード出来るようになりました。
Fastlane便利!

最後に

Fastlane便利ですね。私のところでは、Lint、画像の16bitから8bitへの変換、テスト実行、AppStoreへのアップロード、Slack通知など色々と使用しています。
皆さんはどのような使い方をしていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です