Dockerのcontainerやimageを全てクリアする便利シェル

コマンドが忘れがちなのでシェルにまとめておく

Dockerは非常に便利なのですが、不要になったcontainerやimageファイルが残ってしまっているのは邪魔なだけなので、一括で消したいということがあるかと思います。

そこで、それらを一つにまとめたものをシェルにしておきました。
基本的にはversion1.13以上のDockerであれば、pruneで削除出来るようです。それ以前のものだと、docker rmなどしないといけないようなので、ちょっと面倒のようですね。

シェル的には以下のような感じで、container、image、volume、networkを消すようにしました。

#!/bin/bash

while true; do
    read -p "Clear All?" yn
    case $yn in
        [Yy]* ) yes|docker container prune;
                yes|docker image prune;
                yes|docker volume prune;
                yes|docker network prune;
                break;;
        [Nn]* ) exit;;
        * ) echo "Please answer yes or no.";;
    esac
done

最後に

そんなに全てを消すということは、なかなか無いかもしれませんが、何かの際に便利だと思うので、良ければ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です