iOSシミュレーターでネットワークの状態を悪くする方法

Iphone Smartphone Apps Apple Inc  - JESHOOTS-com / Pixabay
JESHOOTS-com / Pixabay

悪ネットワーク環境化でのアプリをシュミレーションする

f:id:naohide_a:20160529212611p:plain

iOSの実機だと開発者用の設定があり、簡単に3G等の状態にネットワーク設定出来るのですが、シュミレーターだと簡単には出来なかったりします。

アプリケーションをインストールする

Xcodeのメニューから、More Developer Toolsを選択します。

f:id:naohide_a:20160529213251p:plain

Hardware IO Tools というMac用のアプリケーションをダウンロードします。

f:id:naohide_a:20160529213303p:plain

パッケージ内から、Network Link Conditioner.prefPane をダブルクリックし、インストールします。

インストールすると、システム環境設定内に Network Link Conditioner というアイコンが出てくるので、インストール終了です。

f:id:naohide_a:20160529213446p:plain

ネットワーク設定

Network Link Conditioner を開き、OFFからONに切り替えます。

また、プロファイルを3Gなど、自分の好きなネットワークに切り替えれば、ネットワーク設定の終了です。

f:id:naohide_a:20160529213815p:plain

これで、大分遅いネットワークにも対応出来るようになりました。

これは結構助かる機能ですね!

Network Link Conditionerのココが助かる

  • Wifi環境だとあまり気にしていないAPIの重さなどが気になるようになる
  • timeoutなどでレスポンスが無かった際の適切な処理を心掛けられる
  • 画像アップロードなどの高負荷の処理を、低ネットワークでテストできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です